Contents

プリ公園

プリ公園
タイプ
自然生態
所在
大田広域市 中区 プリ公園路 79
電話
+82-42-581-4445
home

すべての人々に自分のルーツを知ってもらい、敬老と親孝行の心を深め、韓民族の子孫であることを認識してもらうために、世界で初めて姓氏を象徴する造形物が建てられた忠孝の生きた教育の場だ。自分のルーツを振り返ることができる姓氏別造形物と四神図及び12干支を形象化したルーツの深い泉、各種イベントを行うことができる水辺ステージ、芝生広場と公園が一望できる展望台、八角亭だけでなく、森林浴場、自然観察園など様々な施設が設けられている。主な施設としては、幼稚園児と小学生が利用できるミニモーターカー30台(2人用)と交通標識、歩行者信号がある交通安全教育場のほか、自然観察路、樹木園、森林浴場、野生草花類団地がある自然観察園がある。姓氏別彫刻品の設置及び除幕式、道民親善大会、子供の日行事、敬老行事、手話の歌公園、讚揚公演場、恋人は私の友達、音楽演奏会など、様々な文化行事も繰り広げられ、八角亭(紫山亭)、栗の木団地、散策路、水辺ステージ、噴水台、マンソン堰(ラバダム)など見どころが多い有益な公園だ。

私のルーツに寄り添って休む

マンソン山の裾野、砧山洞にあるプリ公園。柳等川の向い側には低い絶壁と豊かな緑陰があり、エンジンを切っただけでも自然に浄化される気分だ。青い空と木、そして美しい小川まで。駐車場に入っただけなのに、故郷で私を待つ寝床のようにすでに温かい。 自分のルーツを知ってもらい、敬老と親孝行の心を深め、韓民族の子孫であることを認識してもらうために、世界で初めて姓氏を象徴する造形物が建てられたプリ公園は忠孝の生きた教育の場であり、姓氏別造形物と四神図及び12干支を形象化したルーツの深い泉、八角亭、森林浴場、自然観察園など様々な施設が設けられている。

Leaning back and taking a rest near my roots

柳等川を横切る橋を渡るとプリ公園の入口に到着する。この上にはマンソン山の緑が広がっており、公園の前庭にはきれいな芝が広々と広がっている。このきれいな芝はボール遊びを楽しむ子供と日差しの下にゴザを敷いて時間を過ごす家族が愛用するプリ公園の中で最も良い場所だ。
入口から少し上がると、私たちの足を引き寄せるルーツが並んでいる。姓氏造形物136点が雄壮に立ち、自分を訪ねる子孫に出会う。載寧康氏から錦山金氏、南陽洪氏まで各造形物には136の姓氏とその姓氏の由来などの読み物が豊かに刻まれている。造形物を見ながら宝物を探すように恐る恐る道を歩いていると、自分の姓氏造形物が見えてくる。他郷で脈をとる同郷の医官に出会ったようだ。大きい石でしかないが、触ってみると血がめぐるように温もりが感じられる。
公園の中央には子供に交通安全教育を行うことができる小さい道路と信号がある。ここは大田近隣の子供たちが実戦を通して道路安全の心得を学ぶことができるようにミニ道路が設けられている。子供はここで交通標識に刻まれた図の意味を理解し、道路を渡る時には安全の心得を学ぶことができる。広々とした安全な空間での交通教育なので子供たちも楽しむことができる。自由に走ったり倒れたりしても、芝生の上なので保護者も安心して教育に集中することができる。

川辺に降りると船遊び場がある。一列に立ち並んだカモのボートが目に入る。カモのボートに乗って穏やかな水面に浮かんでいると、神仙が住んでいる極楽に来たような錯覚を起こすほどだ。
ここにある族譜博物館は、ルーツに対する好奇心に終止符を打つ。2010年に開館した族譜博物館は、造形物だけでは足りないルーツに関する情報をより正確で明確に紹介してくれる。また大田市では、在学中の学生を対象に「楽しい族譜博物館探索」など、多様なプログラムを準備してルーツ探しの旅行に拍車をかけている。この他にプリ公園では多彩な年間行事を行っている。孝の思想を忘れてしまった現代社会で私たちの根源を忘れないようにしようという趣旨で春に開かれる「孝の文化プリ祭り」など根源を探す行事の隠された意味も格別だ。
美しい自然を背景に自分のルーツを訪ねるもう一つの故郷、プリ公園。そこに行けば楽しいお話と歴史と家族がある。自分の血に流れている先祖の血。そこに行けば、忘れていた自分のルーツがひっそりと育つ様子を生き生きと目撃することができる。

효문화축제 이미지 효문화축제 이미지

利用情報

利用情報
利用料金 大人 2,000 青少年1,500 子供 1,000
駐車施設 無料
付帯施設 韓國族譜博物館
위로
  • 담당부서 : 관광마케팅과
  • 담당자 : 이지현
  • 문의전화 : 042-270-3984