Skip to menu
Skip to menu
Skip to content
Skip to footer

大田ニュース

  • タイトル 住宅129,000戸を供給!2030大田市住居総合計画
  • 作成者 2021-04-12
  • 日付 2016-08-31
  • 照会数 87
  • 添付


2030大田市住居総合計画作成


あれこれと全国民関心事になった不動産 

大田市民だけは住宅価格心配なく投機心配なくマイホーム購入実現できるようにします 


大田市住居政策審議委員会17、「2030年大田市住居総合計画審議しました


[大田市役所中会議室で開かれた住居政策審議委員会]

[大田市役所中会議室かれた住居政策審議委員会]


大田市はまず住居政策基本方針低所得層住宅支援とともに世帯特性別·生涯周期別のカスタマイズ住居福祉強化無住宅または賃貸世帯もが負担できる公共住宅持続確保など市民住居安定住居水準向上目標中長期住宅供給計画推進しています

 

政策ビジョンを市民せな住居安心大田設定、▲住宅需給システムの構築安心住居福祉実現スマート住居環境造成など3大目標2030までに実現していく計画です

 

 

 

 

住宅

需給システム構築

中長期需要づくバランスのとれた住宅需給

住宅需要展望(12.9万戸)

 年度別供給  (類型) 一戸建28%アパート52%マンション20%

- (規模) 小型50%中型30%大型20%

 公共賃貸住宅供給全体1.57万戸追加供給7,520

 

住宅市場安定化のための支援システム

 住宅需給及市場動向のモニタリング

住宅需給のモニタリング住宅情報システム構築定期住宅市場動向

 住宅市場安定化諮問団運営

分譲価検証住居政策諮問住宅市場不安対策論議

 

安心

住居福祉

実現

世帯特性考慮したカスタマイズ住居福祉

 高齢者 · 障害者世帯への住宅供給·改良

(改良) 高齢者 · 障害者·無障害住宅改良(1,000)

(供給高齢者福祉住宅(150)障害者自立住宅(50)

 緊急住居危機世帯への支援 : 臨時住宅支援ホームレス住居向上支援

青年·新婚夫婦住居支援強化

 青年·新婚夫婦公共賃貸供給(7,850国民住宅規模供給

青年創意革新住宅供給 (100)

 青年世帯住居及定着支援  : 住居費(1万戸)引越費(8,500)

住居福祉システム構築及市民参加型住居政策

 住居福祉システム構築 : 住居福祉センター設置及運営

 住居福祉社会福祉協力システム構築 地域社会統合ケア実現

 市民住居福祉政策諮問団構成 : 市民参加型政策樹立とモニタリング

スマート

住居環境

造成

住居空間改善住宅体系的管理

 共同住宅管理改善 - 老巧共同住宅管理方案づくり

共同住宅管理支援センター設置

 低層住居地改善

老巧住宅改良(500)小規模共同住宅安全点検(30)

- スマート住居環境改善 : 安心街路造成(30)スマート駐車場(30)

住居共同体中心

社会統合型住居文化づくり

 遊休空間共有空間造成 : 撤去整備(100)改良整備(10)

 共同体住居文化づくり - 住居共同体活動改善支援

住居生活での葛藤調整機構運営活性化

 社会住宅制度基盤造成 : 条例制定約定型住宅供給

 

多様住居空間

開発とスマート住居

環境づくり

 未来志向的住居型開発

ゼロ·エネルギーのスマートホーム模範団地造成

未来住居型開発大田-世宗複合定住モデル構想

多様住居型供給住宅特化デザイン誘導

 住宅エネルギーの負担緩和 : 脆弱層にエネルギーバウチャー支援(16万戸)

小規模のグリーン·リフォーム(200)永久賃貸住宅改良(1万戸)

 大田型住居基準づくり : 住宅志向価値非住宅住居基準住宅性能基準提案


2030まで達成する住居総合計画指標です

 

2019

2025

2030

他地域政策指標

仁川(30)

大邱(27)

量的指標

住宅普及率

101.4%

107.5%

113.0%

107.5%

115.0%

千人当住宅数

412.3

460.0

498.0

452.9

480.0

公共賃貸住宅在庫率

8.9%

9.4%

10.0%

10.5%

10.9%

質的指標

月所得での

住居費負担

12.5%

11.0%

10.0%

13.0%

18.6%

最低住居基準

していない世帯

5.3%

1.5%

1.0%

2.5%

4.4%

老巧公共賃貸住宅改良

-

6,000

10,000

-

-

また大田市2030まで住宅129,000供給若者·新婚夫婦公共賃貸住宅供給じて市民住居安定および若者世帯定着支援集中します

また
所得める住居負担割合現在12.5%から10.0%最低住居基準していない世帯現在5.3%から1.0%らす方針です

許泰鋌(·ジョン)大田市長、「市民住居安定のためにバランスのれた住宅供給計画策定住居水準向上させるとし、「低所得層住宅支援とカスタマイズ住居福祉拡大など公共役割強化らかにしました

[17日、大田市役所中会議室で開かれた住居政策審議委員会で方針を発表する大田市長]

[17大田市役所中会議室かれた住居政策審議委員会方針発表する大田市長]

一方大田市住居総合計画住居基本法づき10年単位住居政策基本方向目標策定しています
詳細大田市住宅政策課(042-270-6371)までおわせください