Skip to menu
Skip to menu
Skip to content
Skip to footer

大田ニュース

  • タイトル 公正大田のOn通大銭、奨学事業をスタート
  • 作成者 2021-02-15
  • 日付 2016-08-31
  • 照会数 88
  • 添付


新型コロナウイルス19社会·経済打撃加重した昨年5いで登板した大田市地域貨幣であるOn通大銭 

わずか7加入者50万人発行額9,000ウォンを突破きな反響こしました

地域使々な特典消費者小商工人実質的経済特典となりえるリリーフ投手役割いました


external_image

[市民きな反応をうけたOn通大銭市販記念特典]


消費市場急激なオンライン巨大流通網独占体制によりさらに深刻化していた地域資本域外流出路地商圏回復させる本来目的成果げています 

これをけて大田市On通大銭のオンラインモールと宅配サービスを順次開設非対面時代変化わせて発展させています 

また地域通貨本来役割である地域社会発展共同体回復寄与する善良消費拡大ています


公正大田On通大銭奨学事業

大田市7市役所応接室でハナ銀行大田社会福祉共同募金会傘子ども財団大田地域本部On通大銭希望奨学金支援事業推進のための業務協約式いました


external_image

[7大田市役所応接室われたOn通大銭希望奨学金支援事業業務協約式]


この協約経済的困難っている小商工人家庭社会的弱者奨学金支給するためかちいといやりの共同体精神共有協力システムを構築するためのものです 

これにより大田市今後2年間にわたり経済的困難小商工人家庭及社会的弱者層児童計400(年間200)安定的学校生活支援する奨学金2ウォンを支援する計画です

そのため大田市奨学生推薦審査などの行政支援ハナ銀行奨学金大田社会祉共同募金会寄託傘子ども財団大田地域本部奨学生審査選抜支給など諸業します

 

4機関実務協議会構成奨学金支援事業対象選定基準など細部計画をまとめる方針です

許泰鋌(·テジョン大田市長、「本日協約新型コロナウイルス19影響経営難直面している小商工人自営業者にとってきなとなったOn通大銭一段階発展させきる共生価値実現されるきっかけをったものとしてしい環境により希望てない青少年地域社会連帯強化していきたいべました


external_image

[からチョン·テヒ大田社会福祉共同募金会長ユン·スンギハナ銀行忠清営業グループ代表·テジョン大田市長パク·ミエ傘子ども財団大田地域本部長]



詳細大田市小商工人課(042-270-3651)へおわせください