Skip to menu
Skip to menu
Skip to content
Skip to footer

大田ニュース

  • タイトル 忠清圏メガシティー具体化推進! 大田市がリードする
  • 作成者 2021-01-10
  • 日付 2016-08-31
  • 照会数 93
  • 添付


首都圏巨大化対抗して規模競争力をつけるために推進中である忠清圏メガシティー

 

これまで忠清圏4つの市道数回会って議論した概念段階ぎて具体的れています

先週はこれまで4つの市道利害関係たりがあった忠清圏広域鉄道網共同建議案採択するなど推進みがついています

 

許泰鋌·テジョン大田市長21週間業務会議忠清圏メガシティの推進計画である広域協力事業構想報告主導的役割ができるよう視野げる必要があると要請ました

まず、「忠清圏のメガシティーにする大枠合意があり最近広域鉄道網共同推進するなど実質的事業としてめられているそうした本日広域協力事業構想発表非常時宜にかなっているべました


[21日オンライン会議で行われた週間業務会議]

[21オンライン会議われた週間業務会議]


また、「忠清圏のメガシティが本格的推進される過程それぞれの利害関係衝突することになる4つの·がそれぞれ有利条件げれば多少葛藤回避できないが結局調整協力しながらまなければならないえました

政策からると形式枠組みと重要度わってくる広域協力事業忠清地域未来準備するためにはこのように枠組みからつめながら多様議論土台協力関係いていかなければならない強調しました


またこの許泰鋌·テジョン大田市長新型コロナウイルス感染症関連社会的距離段階調整災難支援金支給準備音圧病室追加確保などについても議論しました

最近状況について首都圏大量患者発生したにもかかわらず防疫医療陣集中力発揮市民生活規則危機安定維持できたとししかしまだくの患者発生しておりワクチン接種など安定化段階まで6月以上危機懸念していました

また状況わせて災害支援金投入範囲規模をあらかじめ分析ちに稼働できるよう準備するようにとした病床確保可能関連病院側積極的説得必要ならば行政命令など必要措置状況もってえておく必要がある指示しました


[21日、オンラインで行われた週間業務会議で懸案事項を述べる許泰鋌大田市長]

[21オンラインでわれた週間業務会議懸案事項べる許泰鋌大田市長]


このにも許泰鋌大田市長年末献血活動への関心乾燥期山火事予防強化など懸案について議論しました