Skip to menu
Skip to menu
Skip to content
Skip to footer

大田ニュース

  • タイトル 世界最大規模の100メガワット太陽光共同研究センターが大田に!
  • 作成者 2021-01-10
  • 日付 2016-08-31
  • 照会数 89
  • 添付


化石燃料自動車撤退
火力·原子力発電所閉鎖

クリーンな大気環境地球温暖化らせるための環境にやさしいエネルギーへの共感急速がっています

 

これはもはやらえない世界的傾向です

フォルクスワーゲンベンツボルボなど世界有名自動車メーカーが2040前後にして内燃機関をこれ以上開発しないと宣言したそうです

 

エネルギー政策転換により地熱風力潮力太陽光太陽熱など々な新再生エネルギーが台頭していますがでも現在技術水準適用性いのは太陽光です


[エネルギーパラダイムの変化と太陽光発展の台頭]
[エネルギーパラダイムの変化太陽光発展台頭]

 

太陽光発電新再生可能エネルギーよりもちに簡単大容量発電適用できます

 

しかし太陽光パネルの発電効率はまだ20%まっておりこれをめるため世界研究陣しい競争げています


[昨年6月、全羅南道新案郡に設置された54㎿級の太陽光発電所]
[昨年6全羅南道新案郡設置された54太陽光発電所]


 

世界最大太陽光共同研究センターが大田市

大田市太陽光量産性検証次世代技術開発のため100太陽光企業共同活用研究センター以下太陽光共同研究センター誘致しました

太陽光共同研究センターは昨年7政府発表した韓国版グリーンニューディール総合計画のうちエネルギー分野中核事業である太陽光発電開発するもので世界最大規模100太陽光セル·モジュールを構築企業共同研究活用することになります

これによって関連企業研究機関大挙大田れるものと期待されます

参加予想企業:シンソンイエンジ現代グリーンエネルギーハンファキューセルLG電子テジュ電子ジュソンエンジニアリングなど

太陽光共同研究センターは国際科学ビジネスベルトの新洞地区9,840(3,000)規模建設される予定完工2023予定であり事業費500ウォンです



[国際科学ビジネスベルト内の太陽光企業共同活用研究センター]
[国際科学ビジネスベルト太陽光企業共同活用研究センター]


太陽光産業高付加価値創出

太陽光産業バリューチェーン全般において価格競争力核心要素とされています

 

現在規模経済確保している中国世界市場主導していますが高効率製品開発傾向により世界各国自国企業市場保護支援強化する傾向にあります

そのため韓国2022まで太陽光量産セル製品技術的限界効率23%達成10%単価低減など世界最高水準高性能·高効率商用化技術確保するため研究施設構築めました

太陽光共同研究センターは太陽光産業技術開発力量総網羅した開放型革新体系運営されます

 

太陽光関連素材·部品·装備研究者常駐しながら大徳特区出捐研究所及産学研専門家協力して技術開発めています

また産業通商資源部5年間支援する3,500ウォン規模太陽光研究開発事業直接·間接的うことになります



未来エネルギー商用化のメッカになる

大田市太陽光共同研究センターの誘致をきっかけに大田関連産業クラスターを造成するなど新産業育成のための戦略てています

 

エネルギー産業融合·複合団地指定地域特化産業連携する構想しています


さらに大田市炭素中立化実現けて太陽光共同研究センターで生産される試作品活用エネルギー産業融合·複合団地中心RE100拡散推進する計画です

RE100:企業使用する電力100%再生可能エネルギーとして利用することを目指自発的キャンペーン

金明寿キム·ミョンス大田市科学副市長太陽光企業共同活用研究センターの誘致をきっかけに大田しい成長動力れるようになった大田市主導してエネルギー技術産業融合·複合によりしい成長動力創出していくべました


[30日、大田市役所の記者会見場で太陽光企業共同活用研究センターの誘致についてブリーフィングを行う金明寿(キム·ミョンス)科学副市長]
[30大田市役所記者会見場太陽光企業共同活用研究センターの誘致についてブリーフィングを金明寿キム·ミョンス科学副市長]


しい内容大田市基盤産業課(042-270-0431)へおわせください