Skip to menu
Skip to menu
Skip to content
Skip to footer

大田ニュース

  • タイトル 大田市-米ボストン市バイオ産業の民間交流協力開始
  • 作成者 2019-06-12
  • 日付 2016-08-31
  • 照会数 55
  • 添付

 

先月海外出張目的でアメリカをれた許泰鋌大田市長出張結果出始めています世界バイオ産業のハブであるアメリカボストン大田市との実質的交流まりました

4 

[先月17現地時間アメリカボストンのバイオ·スタートアップ·ラボセントラルをれた許泰鋌大田市長]

最近ボストン市所在のバイオベンチャー企業であるゼンスコ大田市訪問大田市所在企業であるワイ·バイオロジックスと抗癌剤開発共同研究約束しました

 

出張成果地域経済寄与すると期待

49アメリカの新薬開発専門バイオ·ベンチャー企業であるゼンスコと大田市所在のバイオ新薬研究開発企業であるワイ·バイオロジックスが免疫抗癌剤共同研究開発のための業務協定提携しました

5 

[メリカの新薬開発専門会社であるバイオ·ベンチャーゼンスコ大田市所在のバイオ新薬研究開発企業であるワイ·バイオロジックスによる共同研究開発業務協定]

 

 

協定により両社現在開発している抗癌免疫体低分子免疫抗癌剤わせて治療することの効果検証臨床研究計画です

 

ワイ·バイオロジックスは国内最高免疫体新薬源泉技術をもって免疫体抗癌剤々と開発していますまたゼンスコ肺癌治療剤であるレーザー·ティニプの開発主導してきて最近低分子免疫抗癌剤研究んでいます

 

免疫抗癌剤3世代抗癌剤癌細胞集中攻撃する標的抗癌剤2世代抗癌剤とはって患者免疫細胞活性化させて癌細胞治療法ですが20~30%患者だけに治療効果があります

 

業務協約免疫抗癌剤低分子抗癌剤標的抗癌剤わせて癌治療成功率げることを目標としています

 

両企業共同ての臨床実験実施する方針です一方大田市都市未来成長牽引する革新産業としてバイオ産業育成することで2025まで大洞金灘地区にバイオ特化団地造成する計画です