Skip to menu
Skip to menu
Skip to content
Skip to footer

大田ニュース

  • タイトル 二沙洞民族村の建築資産振興区域指定
  • 作成者 2019-01-23
  • 日付 2016-08-31
  • 照会数 207
  • 添付

東区二沙洞公州郡山内面していたが朝鮮時代後期から懷徳郡編成されましたこの一帯名前上沙寒里下沙寒里でしたが1914年行政区域合併によりつの名前わせて二沙洞名付けられ現在までります

1 

[東区二沙洞 / 出処=斗山百科]

 

二沙洞朝鮮時代500年間恩津宋氏集姓村でしたここはから天下明党わり恩津宋氏宗中のお1000まった祖先墓地祭祀14などが文化遺産としてっています儒学者である宋浚吉くなったのためにてた憂樂齋宋炳華祠堂である東魯祠東屋靈歸臺甲申こした金玉均生家もあります

2 

[二沙洞のヌリキル案内図]

二沙洞手前にそびえている吾道山(338m)抗日激戦地であります道山さにべてしいことで有名です山斜面のほとんどが絶壁急傾斜であるためつしかありません1907義兵結成して日本兵士150射殺した李圭弘義兵将1917年吾道山日本兵士しくってこのから無事逃げましたこの際二沙洞んでいた儒学者である昌在先生李圭弘義士面倒をみてあげた理由日本憲兵から苦難をうけたが抗日しないで抗日精神ちました

3 

[二沙洞梧道山頂]

 

大田市んでいる二沙洞民族村造成事業建築資産振興区域指定されて弾力をうけるしです二沙洞建築資産振興地域管理計画対象指定された面積175,085.1ですこの計画には景観すための韓屋改善伝統儀礼館仮称建立口道路改善など事業基礎となることをがけます

4 

[二沙洞儒教民族村ヌリギル]

 

 

 

 

 

 

今回計画には過去都市開発南部循環道路建設によってされた伝統村景観回復住民住居生活環境改善することで文化遺産住民共存する村共同体造成核心としています

 

大田市今年上半期内区域内伝統景観回復嫌悪施設流入根本的遮断するため建築資産管理計画てる予定です

 

しい内容大田市文化遺産課(042-270-4521)へどうぞ